不動産販売に関するケーススタディ
高額な不動産販売をもっとも効果的な方法でどう宣伝をして,狙いのターゲットに着実にPRするために各社いろいろ志向を凝らしています。われわれの提案するデータベースマーケティングはそんな各社のご要望にお答えすることができます。
・データベースを用いたDMやテレマーケティングを中心に行っていったため、販売実績に対する費用対効果は大幅に向上。
・ターゲッティングが物件販売に着実にマッチしていたため,販売実績を上げ,ダイレクトマーケティングに成功。さらにその後の販売ターゲットも確保することができました。
物件例)地元ファミリー層を中心とした、3LDKマンションの物件販売
@地元密着が考えられる公務員・教職員データを中心に、収入見込みの高いと考えられる、上場企業勤務者データを加え,さらに移転率の高い集合住宅居住者データをそれに加え,その上【居住地域】・【データの中に存在する付帯情報】からターゲットを限定していきます。
Aその結果抽出した件数を元に、DM発送・フォローテレコールなどを実施し、ターゲットに限りなく、その物件情報を伝えることができます。
Bプロモーション結果データを分析し、顧客のランク可、またその後販売するの物件のリストとしてもお使いいただけます。
Cその結果、顧客の状態を把握しやすくなるため、レスポンスに応じた形でその後のプロモーションも行いやすくなります。
データベースマーケティングを用いたひとつの例

BACK